コンシーラー代わり

BBクリームをコンシーラーのように使用する

敏感肌の人は、ちょっとしたことでニキビなどの肌荒れが起きてしまうと思われます。

このような時に肌のトラブルを隠すために、BBクリームを使用しましょう。

BBクリームであれば肌に与える負担も最小限にできるので、敏感肌で肌トラブルが発生していてもメイク道具として活用できます。

またBBクリームには、コンシーラーのような役割も担当できます。

ではコンシーラーとしてBBクリームを使用するときには、どのような手順を踏めばいいのでしょうか?

コンシーラーとして使う際の手順

まずはBBクリームを使って、ベースメイクを整えていきましょう。

そして再度小豆つぶ大くらいの量のBBクリームを手の甲に取ります。

そして肌トラブルが起きている所に指先を使って、トントン叩くような感じでクリームを広げていきましょう。

また中には、毛穴の開きが気になるという人もいるでしょう。

この場合には、BBクリームをはたきこむようなイメージで塗り込んでいきましょう。

この時に使用するクリームの量は、小豆つぶ半分くらいをイメージするといいでしょう。

BBクリームを塗るときには、クリームをのばすというよりもとんとん指先を使って叩きながら広げた方がより効果的といわれています。

最後に仕上げとして、パフなどを使って軽く抑えて整えましょう。

その他には、少量の薄付きパウダーをはたくような感じで整える方法があります。

BBクリームで美しいメイク仕上がりにするには、一つポイントがあります。

それは、化粧水や乳液を使って肌に潤いを与えた後、しばらく放置をすることです。

ある程度肌の表面が乾いてからBBクリームを使ってメイクをした方が、仕上がりが美しくなります。

最初のうちは、少量から始めてカバー力が足りないのであれば徐々に重ね塗りをしていくといいでしょう。

敏感肌用BBクリーム